« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

チリドッグ(サブウェイ)

20051230_1940_000.jpg

 

販売価格360円 458kcal(マイルドの場合)

期間限定のチリドッグを食べてみた。
チリトマトソースをベースにオニオンとトマト、チーズ、
ポーク100%ソーセージをはさんだサンドの上から
レタスをトッピングしたものだった。フレッシュのトマトは
嫌いなのでトマト抜きで注文した。辛さは3段階あったが
真ん中のスパイシー(パラペーニョ3枚入り)を選んだ。
野菜を多めで頼んだせいか「これでもか」というくらいに
レタスを入れてくれた。それはよかったのだが、
非常に食べずらかった。辛さはスパイシーの割には
そんなに辛くはなかった。食べた後に口の中が
ピリッとするくらいだった。チーズがとろっとしていて
それが辛さを中和する様な感じだった。マヨネーズも
かかっていたが、それがチリトマトソースの辛さを
マイルドにしてくれた様に思えた。ソーセージは
皮付きでパリッとしていた。

辛いもの好きの人ならパラペーニョが6枚入った
激辛でもいいかもしれない。さらにマヨ抜きで
チリトマトソースを多めにするともっと辛くなるかも。
辛いものが苦手な人はわざわざこのメニューを
選ぶか疑問だが、もし選ぶとしたらパラペーニョ
無しの「マイルド」でレタスを多めにすると
食べやすいかもしれないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

防寒耳カバー

20051228_2108_000.jpg

 

購入価格1260円

この時期のウォーキングは寒くてつらい。
毎日仕事帰りに歩いていていつも夜になるので
特に寒い。師走に入り寒さが厳しくなってからは
耳の先が寒さで痛くなる程だった。

以前から耳あてが欲しいと思い、店を回って探していた。
私が欲しかったものは耳に直接かぶせるタイプの
防寒耳カバーだった。ヘッドフォンの様にフレームが
付いたものはいくつかの店で見つける事ができた。
最近はフレームを後頭部側に通すタイプで
髪型をあまり気にしなくていいものや、折りたたみが
可能なものなども出てきている。買おうか迷ったが
とりあえず保留にして他の店を回ることにした。

数軒の店を回ってもフレームレスのものは見つから
なかった。しかし最後に立ち寄った店にそれはあった。
その店はたまに行く雑貨屋さんで、行くと高い確率で
他の店で探しても無かったものがある。
サンプルをいくつかつけてみて、つけ心地を確かめてから
購入した。素材はポリエステル100%のフリース生地。
外側がフェイクファーっぽくてつけるとかわいいものも
1000円以上高い値段であったのだが、夜ウォーキングを
する時に使うだけなので普通のものを選んだ。

早速帰りに使ってみた。温かさはフレーム付きのものより
劣るものの、保温は十分なされている。音の聞こえ方は
フレーム付きのものよりもいい。というか、つけていない
状態とほとんど変わらない。コンパクトで持ち運びも
便利だ。何より髪型を気にする必要が無いのが嬉しい。

脚にはタイツ、手には手袋、首まわりはマフラー、
そして耳には耳カバーで寒さ対策は万全になった(`・ω・´)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

デミグラきのこバーガー(マクドナルド)

20051226_1857_001.jpg

  

購入価格220円(クーポン券使用) 497kcal

マックのクーポン券をもらったので
デミグラきのこバーガーを食べてみた。
パテが2枚としめじなどのきのこ、デミグラスソースと
マヨネーズの様なものとチーズがバンズに挟まっていた。
とにかくしめじの歯ざわりが印象に残った。
ソテーしたしめじの食感と同じ感じだった。
デミグラスソースは出来合いのもの同様の味だと
思った。ただ一緒にマヨネーズの様なソースが
かかっていて、それで一気に何だかよくわからない
ジャンクな味に変えてしまった感があった。
個人的にはマヨネーズはいらなかった。
包み紙は糊付けされていない1枚の紙で包む
タイプだった。しかし中の具やソースが多いので
てりやきバーガーの包み紙の様に半分袋状に
なっている紙の方が食べやすくてよかったのに、
と思った。パテは2枚入っていて多いかなとは思ったが
薄っぺらかったので2枚くらいでちょうどよかった
のかもしれない。しかしその分カロリーは高く
なってしまうが…。

しめじの存在感はあったのだがデミグラスソースの
味があまり感じられなかったのが残念だった。
あともっと食べやすさを考えた包み紙にして
欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005年12月25日 (日)

マロンブラウニーリース(31アイスクリーム)

20051222_1859_000.jpg

 

購入価格490円

先週末31のクリスマスサンデーのマロンブラウニーリースを
食べた。中のアイスはイングリッシュトフィーを選んだ。
オータムサンデーではマロン系を食べ損ねたので
今回このチョイスになった。アイスの上にホイップと
チョコレートブラウニーとマロンクリームと栗が半分
乗っていた。栗はマロングラッセの様な色をしていた。
ブラウニーはしっとりしていて濃厚でおいしかった。
マロンクリームがモンブランの様にかかっていたが
もう少しきれいにかけて欲しかった。アイスの
イングリッシュトフィーはとてもおいしかった。
トフィーはイギリスのキャンディ菓子らしい。
味はバタースカッチキャンディーをアイスにした
感じだった。中にガリガリとした食感の飴の様な
ものとナッツが入っていたと思う。それがアクセントに
なっていてとても良かった。ただサンデーにするには
少し甘すぎたかもしれない。サンデーにするアイスは
少しあっさりめの方がいいかも、と思った。

結局今回もサンデーを全部制覇する事はできなかった。
今度のサンデーはフレッシュストロベリーサンデーだ。
いちご好きの私にはとても嬉しいヽ(´ー`)ノ
ミルフィーユ系とブラウニー系は食べたので
今度は「ストロベリーフルーツミルク」から攻めてみよう
と思う(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

新製品のお菓子

20051221_2058_000.jpg

 

今週はお菓子の新製品がたくさん出たので
いろいろ買ってみた。今回の傾向は、いちご味と
抹茶味のものがほとんどだった。いちごと抹茶が
大好きな私にはたまらないラインナップだ。
いちご味のものは、シルベーヌ、プチラングドシャ、
リッチハーベスト、苺のクッキー、キャラメルコーン
の5品。抹茶味のものはとろけるトリュフ、
アポロ、きのこの山、小枝、キャラメルコーンの
5品。抹茶のチロルチョコも欲しかったけど、
数軒お店を回っても見つからなかった。

今回は個包装1個あたり40kcal前後のものを
食べてみた。

とろけるトリュフ 抹茶 (ブルボン)
購入価格147円 1個30kcal
1口サイズの固めの生チョコの様な感じだった。
抹茶パウダーが薄っすら付いていて抹茶の色をしていた。
味は抹茶の味が濃く出ていた。しかし香料の香りが
かなり気になった。口どけもなめらかで味も濃かったが
香料の変な香りでかなり減点、といったところだろうか。

小枝 宇治抹茶 (森永製菓)
購入価格210円 1箱325kcal(2本×8本入り)
京都産の宇治抹茶を使用している大き目の小枝。
上記のトリュフよりは味が薄めではあるが
抹茶の味はちゃんとしていた。ただ、食べ終わり
くらいの時に強烈に甘みを感じた。どこから食べても
食べ終わる頃にすごく甘さを感じた。何でだろう?
抹茶の苦味はほとんど感じられず、後味は
甘みだけが残る感じだった。

抹茶のアポロ 大粒 (明治製菓)
購入価格210円 1箱288kcal(8個入り)
抹茶のチョコが2層になっている大粒のアポロ。
今回購入した抹茶味のお菓子の中で1番
期待していたものだった。味は普通の抹茶味の
チョコといった印象を受けた。抹茶の苦味は
ほとんど感じられず、かなりミルキーな感じがした。
抹茶味というよりは抹茶ミルク味といったところ
だろうか。

きのこの山 深い味わい抹茶 (明治製菓)
購入価格210円 1箱281kcal(8個入り)
チョコの部分が抹茶味の大粒のきのこの山。
今回一番期待薄のものだった。しかし食べてみると
今回購入したものの中で1番私の口に合っていた。
チョコ部分はアポロとは違って抹茶の苦味が
ほんのりと感じられた。こってりとしたチョコだけの
ものよりもクラッカーがある分軽い口当たりになった。

何といっても抹茶のうまみはその苦味にあると
私は思っているので、抹茶チョコでも少しは苦味が
欲しい。その点できのこの山のチョコが1番おいしい
と思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

ペッパーターキー&ベーコン(サブウェイ)

20051219_1942_000.jpg

 

購入価格530円(ドリンクセットでクーポン使用) 356kcal

サブウェイで期間限定のペッパーターキー&ベーコンを食べた。
ペッパーターキーはコショウをまぶしたパストラミターキーと
ターキー胸肉のハムという事だったが、コショウはそんなに
きいていなかったような気がした。ベーコンはポークベーコンで
ターキーよりもベーコンの味の方が強かった様に思えた。
ドレッシングは赤ワインビネガーソースという事だったが
赤ワインの感じはほとんど感じられずかなり酸味の強い
ソースだと思った。舌がピリッとするくらいだろうか。
しかしこの酸味はチーズのおかげで少しマイルドになった。
このソースは指定すれば他のメニューでもかけてもらえる
そうだ。ハム系のサンドにオススメらしい。かなり酸味が
強いのでターキー系より味の濃いポークハム系の方が
合うかもしれない。

いつもトマトとピクルスは抜きでその他の野菜は
全て多めでオーダーするのだが、今日作ってくれた
お兄さんはブレッドが閉まらないくらいたくさん
野菜を入れてくれたヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

心肺機能

この週末は忘年会やら何やらで暴飲暴食気味で
しかも運動も3日間何もしなかったので、今日少しだけ
走ってみた。

筋トレやウオーキングをしているので体力的には
問題なかったが、何やら胸の奥の方が苦しいというか
痛いというか。3分もすればおさまるが、また数分
走っていると痛苦しい感じがした。心肺機能が
落ちているのだろうか?一応脈をみてみたが
普通に運動したくらいの速さで乱れも無かった。

元々走るのはあまり好きではないし、これからも
走る事はしない様にしようと思う。つーか人間ドックを
1回受けてみようかなぁ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

博多ぽてと(二鶴堂)

20051215_2012_000.jpg

 

購入価格546円(4個入り)1個110kcal

先日いろんな地域のお菓子が売っていた物産展で
「博多ぽてと」を買ったので食べてみた。

小ぶりのマフィンの様な形をしたお菓子のスイートポテト。
さつま芋の粒々も少し入っていたがなめらかな舌触りで
さつま芋の自然な甘みがしてとてもおいしかった。
賞味期限ぎりぎりになってもしっとりしていた。
お茶にもコーヒーにもよく合いそうだ。
さつま芋の繊維などは全く感じられず、どちらかというと
素朴な感じのスイートポテトというより
お上品な感じのスイートポテトという印象を受けた。
手土産として持っていくのにもいいと思った。

この時期のさつま芋というとやっぱり焼き芋。
(´-`).。oO(今度焼き芋屋さんが来たら買おうかな…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

リッチフラン粒々マカダミアと濃抹茶(明治製菓)

fran_macmatya_l

購入価格178円 1袋103kcal

リッチフランの抹茶を食べた。
スティック状のココアビスケットにホワイトムースと
マカダミアナッツ入りの抹茶チョコでコーティングしてあった。
食べると、ちょっと抹茶のヘンなえぐみの様なものを感じた。
しかし食べ進めていくと、抹茶の苦味が感じられ
チョコの口どけもよかった。マカダミアナッツも付いて
いたがナッツの風味や味はよくわからなかった。
全体的に抹茶の風味が強いなと思った。
1袋3本入りで3袋入っていたが個人的には4袋くらい
入れて欲しかった。私はまあまあおいしいと思ったが
ちょっとクセがある感じなので、好き嫌いは
分かれると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

銀座でお姫様ディナー

20051208_1937_000.jpg

 

銀座にある「Princess Heart」というお店で食事をした。
お姫様気分を味わえるというコンセプトのお店で
ターゲットは20~30代の女性ということだった。
ウエイトレスは全員メイド服を着ていた。

店に入るとメイドがお出迎え。
メイド「お姫様、身支度はよろしいですか?」
私 「(; ゚Д゚)エッ?あ、はっはい」
メイド「では、晩餐会へご案内いたします。」
店員全員「ようこそ、プリンセスハートへ!!」

と、こんな具合で席に案内された。
秋葉のメイドカフェと似たような感じだ。
客はキモヲタではなく、銀座で食事をするような
オサレなOLさんやその彼氏がメインだ。
私のような田舎の芋ねえちゃんが行って
いいものか、少し気後れしてしまった。
メニューは創作イタリアン。いろいろあったが
選ぶのに時間がかかりそうだったので
「シンデレラコース」とドリンクを注文した。

≪アミューズ≫
ハートの小人2種(小さなパイの中に
シーフードや紫芋のフィリングが入っていた)
≪サラダ≫
ズワイガニ、ホタテ、天使海老のシーフードサラダ
フランボーズバルサミコドレッシング
≪パスタ≫
手長海老とホワイトアスパラガス
ルーコラのトマトソーススパゲッティー  
≪フィッシュ≫
ハートのパイに詰めた舌平目と牡蠣
根菜のホワイトシチュー仕立て
≪ミート≫
和牛ほほ肉ときのこの赤ワイン煮込み黒トリュフ風味
≪デザート≫
本日のデザート3種盛り合わせ
(小さなチーズケーキとチョコレートケーキ
バニラアイスの盛り合わせ)
≪ドリンク≫
恋の林檎カクテル、HOTコーヒー
(連れのカクテルは「シンデレラ」という
オレンジがベースのノンアルコールカクテル)

前菜のパイはハートとスペードのかわいい容器に
入っていてトンガリコーンがのっていた。
サラダはドレッシングがガラスの靴に入っていた。
パスタにはホワイトアスパラガスが入っている
という事だったが、アスパラは見つからなかった。
魚料理は私が一番おいしいと思ったものだった。
ハート型のパイの中に舌平目と牡蠣とアサリが
入っていて根菜のホワイトシチュー仕立てが
ソースのようになっていた。魚のうまみが
サックリとしたパイの中に閉じ込められ、
それがホワイトソースのクリーミーさと
合わさりとても深みのある味だった。
肉料理の肉はとても柔らかくきのこを噛むと
その風味が口いっぱいに広がり、赤ワインの
風味もきいていておいしかった。黒トリュフの
風味はよくわからなかった。
デザートのケーキはミニサイズだったが
しっとりしていておいしかった、温かい飴を
上から垂らして網模様にした飴細工と
ホイップクリームでデコレーションされて
見た目もかわいかった。アイスもバニラビーンズが
たっぷり入っていて風味豊かでおいしかった。

接客は、料理を持ってくるタイミングは
とてもよかった。しかし持ってきた料理の
説明は声が小さくてよく聞こえなかった。
あと、まだオープンして間もない事もあり
ちょっとしどろもどろしたところがあった。

食べている時は、連れと
「ささ、お姫様どうぞ」
「いやいや、お姫様こそどうぞ」
などといったやりとりをして結構面白かった。
19時過ぎからコースを開始して21時過ぎまで
ディナーを楽しんだ。

コース料理6000円とドリンク、サービス料の合計金額は
2人で15498円。高かったけど十分楽しめたので
満足だった。それにしてもあのお店に来てた男性客は
みんな女性にリクエストされて来てたんだろうなぁ。

※画像は真ん中にドレッシングの入ったガラスの靴が
乗ったサラダ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年12月 6日 (火)

ひとくちティラミス ひとくちクレームブリュレ 三星食品

20051205_2346_000.jpg

 

ひとくちティラミス ひとくちクレームブリュレ
購入価格128円 1個 ティラミス9kcal クレームブリュレ8kcal

コンビニで見つけて気になっていたひとくちティラミスと
クレームブリュレのソフトキャンディーを買って食べてみた。

ティラミスの方は、ココアパウダーでコーティングされた
ティラミス味のソフトキャンディー。食べてみると先ず
ココアパウダーのちょっとほろ苦い味がした。本体を
噛むと、言われてみればティラミスかな、と思う程度の
ティラミス味。酸っぱいとまではいえないものの
妙な酸味も感じた。無理矢理ティラミスの味を
人工的につけたという印象を持った。

クレームブリュレの方は、カラメルパウダーで
コーティングされたクレームブリュレの味。
パッケージにはカラメルパウダーと書いてあるが
あまりパウダーはついてなかった様に感じた。
だからかもしれないが、カラメルの味は薄かった
印象を受けた。本体の味は普通のプリン味
といったところだ。クレームブリュレは表面の
カラメルが焦げてパリッとし、下のクリームが
トロリとした食感が特徴なのだが、それをソフト
キャンディーにするのにはちょっと無理がある様だ。

どちらも言われてみればそのお菓子の味だと
思う程度だ。ソフトキャンディーにする事自体
大いなる挑戦だと思う。とにかく私にとって
いいと思った点は、どちらも1個が10kcal未満
という事だ。味もまずくはなかったので
ついカロリーにひかれてリピートしてしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

クリスマスサンデー(31アイスクリーム)

20051202_1816_000.jpg

 

購入価格550円

金曜日の仕事帰りに2種類のアイスを使ったX'masサンデーを
食べた。アイスはいちごみるくとウインターホワイトチョコレート
をチョイス。アイスの上にホイップクリームと砂糖でできている
っぽいサンタとツリーの形をした固めのクッキーとアラザンが
添えてあった。いちごみるくは飲み物のいちごミルクをそのまま
アイスにした様な味だった。いちごの酸味はほとんど無く甘い。
どちらかというと子供向けのアイスといった印象だった。
ウインターホワイトチョコレートはホワイトチョコのアイスという
事だったが、比べてみないとバニラと区別がつきにくい感じで
あまりチョコっぽさは感じられなかった。薄い板状のチョコが
重なった塊がところどころに入っていてそれを噛むとほろほろと
崩れる様な食感があってそこはチョコっぽさを感じた。
それから割と大き目のチェリーの果肉が洋酒に浸けてある様な
味で程よい酸味もありアクセントになっておいしかった。こちらは
どちらかというと大人向けかもしれない。

12月からのシーズンフレーバーはいちご系が2種類も出るので
いちご好きの私には嬉しい限り。既存のいちご系と合わせると
5種類にもなる(・∀・)その代わりチョコ系が少ないのはちょっと
残念(´・ω・`)とりあえず次は12月10日に新登場の
コングニューヨークチーズケーキに期待したいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »