« ひとくちティラミス ひとくちクレームブリュレ 三星食品 | トップページ | リッチフラン粒々マカダミアと濃抹茶(明治製菓) »

2005年12月10日 (土)

銀座でお姫様ディナー

20051208_1937_000.jpg

 

銀座にある「Princess Heart」というお店で食事をした。
お姫様気分を味わえるというコンセプトのお店で
ターゲットは20~30代の女性ということだった。
ウエイトレスは全員メイド服を着ていた。

店に入るとメイドがお出迎え。
メイド「お姫様、身支度はよろしいですか?」
私 「(; ゚Д゚)エッ?あ、はっはい」
メイド「では、晩餐会へご案内いたします。」
店員全員「ようこそ、プリンセスハートへ!!」

と、こんな具合で席に案内された。
秋葉のメイドカフェと似たような感じだ。
客はキモヲタではなく、銀座で食事をするような
オサレなOLさんやその彼氏がメインだ。
私のような田舎の芋ねえちゃんが行って
いいものか、少し気後れしてしまった。
メニューは創作イタリアン。いろいろあったが
選ぶのに時間がかかりそうだったので
「シンデレラコース」とドリンクを注文した。

≪アミューズ≫
ハートの小人2種(小さなパイの中に
シーフードや紫芋のフィリングが入っていた)
≪サラダ≫
ズワイガニ、ホタテ、天使海老のシーフードサラダ
フランボーズバルサミコドレッシング
≪パスタ≫
手長海老とホワイトアスパラガス
ルーコラのトマトソーススパゲッティー  
≪フィッシュ≫
ハートのパイに詰めた舌平目と牡蠣
根菜のホワイトシチュー仕立て
≪ミート≫
和牛ほほ肉ときのこの赤ワイン煮込み黒トリュフ風味
≪デザート≫
本日のデザート3種盛り合わせ
(小さなチーズケーキとチョコレートケーキ
バニラアイスの盛り合わせ)
≪ドリンク≫
恋の林檎カクテル、HOTコーヒー
(連れのカクテルは「シンデレラ」という
オレンジがベースのノンアルコールカクテル)

前菜のパイはハートとスペードのかわいい容器に
入っていてトンガリコーンがのっていた。
サラダはドレッシングがガラスの靴に入っていた。
パスタにはホワイトアスパラガスが入っている
という事だったが、アスパラは見つからなかった。
魚料理は私が一番おいしいと思ったものだった。
ハート型のパイの中に舌平目と牡蠣とアサリが
入っていて根菜のホワイトシチュー仕立てが
ソースのようになっていた。魚のうまみが
サックリとしたパイの中に閉じ込められ、
それがホワイトソースのクリーミーさと
合わさりとても深みのある味だった。
肉料理の肉はとても柔らかくきのこを噛むと
その風味が口いっぱいに広がり、赤ワインの
風味もきいていておいしかった。黒トリュフの
風味はよくわからなかった。
デザートのケーキはミニサイズだったが
しっとりしていておいしかった、温かい飴を
上から垂らして網模様にした飴細工と
ホイップクリームでデコレーションされて
見た目もかわいかった。アイスもバニラビーンズが
たっぷり入っていて風味豊かでおいしかった。

接客は、料理を持ってくるタイミングは
とてもよかった。しかし持ってきた料理の
説明は声が小さくてよく聞こえなかった。
あと、まだオープンして間もない事もあり
ちょっとしどろもどろしたところがあった。

食べている時は、連れと
「ささ、お姫様どうぞ」
「いやいや、お姫様こそどうぞ」
などといったやりとりをして結構面白かった。
19時過ぎからコースを開始して21時過ぎまで
ディナーを楽しんだ。

コース料理6000円とドリンク、サービス料の合計金額は
2人で15498円。高かったけど十分楽しめたので
満足だった。それにしてもあのお店に来てた男性客は
みんな女性にリクエストされて来てたんだろうなぁ。

※画像は真ん中にドレッシングの入ったガラスの靴が
乗ったサラダ。

|

« ひとくちティラミス ひとくちクレームブリュレ 三星食品 | トップページ | リッチフラン粒々マカダミアと濃抹茶(明治製菓) »

コメント

中々ファンタスティックな演出のお店ですな
ただ単にお料理出して美味しかろう?ではお客の立場である我々も
満足できなくなっているのでしょーか
付加価値が求められる時代、仕掛け人の方々のアイディアには
舌を巻くトコロであります。

演出された空間で普段の生活を離れて異体験をしたり、
オサレな空間で滞在する時間をも楽しむ、
日本各地の地酒や焼酎が楽しめたりと、
+αが飲食業界のみならず色々な客商売においてウェイトを占めていくようになっていくのでしょう。

あとこれはワタクシの地元で話題になっているのですが
地元産のジビエ(野生鳥獣)や、地元で採れた農産物などを、
その背景や生産されるまでのストーリーと共に
洗練されたフレンチの技法で楽しむ事の出来るお店がありますよ
これも付加価値だと思います。

興味があったらドウゾ
http://www.icon.pref.nagano.jp/usr/kankou-suwa/10tabe.htm
(上記は長野県のウェブサイトです)

投稿: トレカモ | 2005年12月11日 (日) 13時11分

そんなメルヘン気分にさせてくれる所があるなんて・・・
ぜひ行きたいわ
それにしてよくこういうところ見つけられるねえ
情報源はどこ?

投稿: 怪子 | 2005年12月12日 (月) 00時41分

>トレカモさん
ワインに合いそうなお料理ですね。
ストーリー仕立てというのが面白いですね。
長野に行く機会があったら是非行ってみたいです。
>怪子ねえさん
ヽ( ・∀・)ノ書き込みありがとうございます。
銀座という土地柄、お値段は高めですよ。
お店はテレビを見て知りました。
東京のグルメ情報って結構いろんな番組で
紹介していますよね。

投稿: 乙女椿 | 2005年12月12日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145884/7556181

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座でお姫様ディナー:

» シンデレラと七人の小人達の食卓「Princess Heart」 [銀座OL&横浜OL ちょっとリュクスな毎日]
ブログを読んでくださっている人から教えていただき、銀座の「Princess Heart(プリンセスハート)」というお店にランチに行ってきました。 ここはシンデレラと七人の小人達をテーマにしていて、お店の中がかわいらしいレイアウトになっています 入口を入ると七人の小....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 4日 (土) 11時39分

« ひとくちティラミス ひとくちクレームブリュレ 三星食品 | トップページ | リッチフラン粒々マカダミアと濃抹茶(明治製菓) »