« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

濃厚ミルクシュー(オーガニックサイバーストア)

20060204_1730_000.jpg

 

定価 6個1134円

インターネットでおなじみのオーガニックサイバーストアの
濃厚ミルクシューを食べた。

同サイトのスイーツ売れ筋ランキングでは常に上位に
ランクインし、入手まで最大3ヶ月待ちの時もあった事もあり、
1ヶ月待ちはあたりまえという代物だ。ちなみに2月27日現在で
最短出荷日は3月22日になっていた。手作りという事で
なかなか需要に追いつかない様だ。

このシュークリームの最大の売りは、シューの中の
ミルククリームだと思う。このクリームは真っ白で
牛乳の風味が豊かだった。原材料を見ると卵黄も入っている
様だが、牛乳だけで作られているのではと思うくらい
牛乳の味が強かった。サイトには「ソフトクリームを
まるかじりみたい」と書いてあった。まさにそんな感じだった。
シュー生地はサイトではキッシュ風と書いてあった。
確かに作りたてだとふわふわなのかもしれないが、
私が食べた時はかなり時間が経っていたのでそこは
よくわからなかった。しかしフニャフニャではなく、
固くはないがわりとしっかりした生地だと思った。

しかし大いに期待していたせいか少々肩透かしを
くらった感じだった。おいしいとは思うが1ヶ月待ってまで
リピしようとは思わなかった。でも話のネタにもなるので
1回は食べてみる価値はあると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

いちごと練乳のシュークリーム(モンテール)

20060223_1939_000.jpg

 

購入価格108円 257kcal

モンテールのいちごと練乳のシュークリームを買って
食べてみた。本当は買う予定ではなかったのだが、
売り場で見てどうしても食べたくなったので買った。

有機の苺を煮詰めて作ったソースとホイップクリームを
混ぜ合わせ、練乳をたっぷり加えて仕上げたものらしい。
中のクリームはいちごの酸味があって、ミルク感もあり
おいしかった。練乳の感じはよくわからなかった。
食感はホイップクリームが口当たりを軽くしている様に
思えた。シュー皮はスーパーやコンビニで売っている
シュークリームの皮とあまり変わりはなかった。
クリームがしっかり入っていたので食べごたえはあった。

この商品は2月までの限定商品だったので無くなる前に
食べられてよかった。しかし私が探しているモンテールの
「ミルクレープ・いちご」がなかなか見つからない(´・ω・`)
ミルクレープ・いちごは3月31日までの販売なので
無くなる前に何とか見つけたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

爽やかオレンジショコラ(不二家)

20060214_1846_000.jpg

 

購入価格158円 1袋当り378kcal

不二家の爽やかオレンジショコラを買って食べてみた。

フランスの伝統的焼き菓子「ロイヤルティーヌ」と
細かく刻んだオレンジピールをホイップしたジャンドゥーヤ
クリームでまとめて底にミルクチョコを敷いているという
チョコだった。ロイヤルティーヌというものがいまいち
よくわからないが、何やらクッキーのような焼き菓子っぽい。
味は程よい甘さのチョコとオレンジの味がよく合っていて
おいしかった。食感は全体的にザックリとした歯ざわり
だった。ロイヤヌティーヌのサクサク感とナッツの
ザクザク感が合わさりザックリとした感じになっていた。
それぞれの素材やお菓子の相性がよく合っているなと
思った。変な香料臭さも無くオレンジの味がいい感じに
ついていたと思う。個人的には好きなお菓子だった。

チョコとオレンジは相性がいいらしい。私が好きな
抹茶やいちごよりもオレンジの方がチョコに合うと思う。
抹茶ほどのクセもなく、いちごの酸味とも違い、
しっかりチョコに味付けしても変な臭さがない、と
個人的には思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

Shall we?(江崎グリコ)

20060221_1913_000.jpg

 

購入価格292円 11枚入り1枚55kcal

某掲示板でやたらと評判がよかったので「シャルウィ?」の
レモン&シュガークッキーを買って食べてみた。
いつもお菓子を買う店でない店で買ったので少々値段が
高かった様な気がする。

バターは北海道バターを使いレモン果汁が入っていて
アクセントに大粒のワッフルシュガーが加えられて
あるというちょっと小さめのクッキーだった。
味はレモンの酸味がきいていてさわやかだった。
ほんの少しだったが塩味も感じられた。
食感はザクザクしていてワッフルシュガーの
歯ごたえがよかった。個人的には好きなお菓子だった。

夏頃に森永から「レモニスト」というクッキーが出ていたが
それに似ている。しかしレモンの酸味はこちらの方が
強いように感じた。食感はレモニストはサックリで
こちらはザックリといった感じだ。レモニストは1袋
2枚入っていて120kcal近くあったが、こちらは1袋1枚入りで
55kcalなのでカロリーを気にする私には食べやすい。
食感もこちらの方が好みだ。姉妹品で「チョコとマカダミアの
具だくさんクッキー」というのも出ているみたいだが、
こちらもおいしそうで「ちょっと食べてみたいなぁ」と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

チキンサラダサンド(サブウェイ)

20060217_1905_000.jpg

 

販売価格390円 458kcal(ブレッドがウィートの場合)

サブウェイのチキンサラダサンドを食べた。
ブレッドはホワイトで野菜多めで注文した。

蒸し鶏を裂いたものにセサミソースがかかっていた。
鶏肉には皮はついていなかったのでカロリーは控えめだ。
ドレッシングは普通のゴマドレという感じだった。
蒸し鶏のサラダをパンにはさんでゴマドレをかけたもの
といってもいいかもしれない。野菜多めで頼んだら
男性店員がパンに閉まらないくらい入れてくれたのは
良かったが、すごく食べずらかった。あとセサミソースの
かかり方にムラがあり、ソースのかかっていたところと
そうでないところに味の差があったのは残念だった。
あとブレッドをセサミにすればよかったと少し後悔した。
特に変わった味というわけでもないし1度食べたら
もういいかな、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ストロベリーカフェモカ(ドトールコーヒー)

20060216_1739_000.jpg

 

購入価格280円(Sサイズ)

ドトールのストロベリーカフェモカを飲んだ。
カフェモカの上にスチームミルクがのっていて
更にストロベリーソースがかかっているものだった。

カフェモカはミルク感が豊かでとてもマイルドな味だった。
上にかかっていたストロベリーソースは甘くて結構
いちごの香りがした。カフェモカとストロベリーソースは
とてもよくマッチしていたと思った。きっとカフェモカが
ミルク感たっぷりだったからだと思う。全体的な甘さは
個人的にはちょうどよかった。Sサイズ1杯飲んだだけで
かなりお腹がいっぱいになった。おいしかったけど
水は必須だなと思った。ストロベリーソースの形が
きれいな星型でなかったのは少々残念だった。

以前飲んだベックスのストロベリーキャラメルラテより
おいしいと思った。ベックスのは苺カプチーノで
コーヒー感が強かったからだと思う。いちごとコーヒーは
合わないわけではないと思うが、ちょっと微妙な感はある。
ドトールのストロベリーカフェモカは、コーヒーよりも
ココアっぽくなっていたから良かったのかなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月15日 (水)

小枝フランボワーズ(森永製菓)

20060214_1847_000.jpg

 

購入価格168円 1箱(2本×8袋入り)410kcal

小枝のフランボワーズ味を買って食べてみた。
フランボワーズはフランス語で木苺(ラズベリー)の
意味らしい。

ハーフビターチョコにフランボワーズの味が付いている
小枝だった。フランボワーズの味はかなり感じられた。
少々香料がきつめの様な感じもしたが、ハーフビター
チョコに合わせるにはこのくらいでいいのかもしれないと
思った。甘酸っぱくてチョコはあまり甘くはなかった。
森永のオフィシャルサイトには「カカオ感がリッチ」などと
書いてあったが、フランボワーズの香料が強くて
カカオ感はリッチというほどは感じられなかった。
個人的には嫌いではないが、香料がきつく感じる人には
好みではないかもしれない。

この商品のイメージはフランボワーズのココアケーキ
だそうだ。そしてターゲットは大人の女性ということだった。
それはハーフビターチョコを使っている点からも何となく
読み取れる。それにしてもトッポの抹茶のスイーツ味といい
この小枝といい、ケーキなどをイメージしたものが
多いなぁ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年2月14日 (火)

マロントリュフ(ル・ショコラティエタカギ)

20060211_1305_000.jpg

 

購入価格1207円 4個入り

ル・ショコラティエタカギのマロントリュフをつい衝動買い
してしまった。本当はいちごトリュフを買おうと
思っていたのだが、売り場で見て急遽変更した。

スペイン北部のオレンセ地方で収穫されたマロンを
コンポートにし、クーベルチュールでコーティング
してあるものだった。外側のチョコは甘さ控えめで
少々ビターな感じがした。食感はパリッとしていた。
やわらかいチョコをイメージしていたので、予想して
いたのとは違った。中のマロンは丸ごと1個
入っている様だった。しっとりしてやわらかめの
歯ごたえで、甘さは栗本来の甘さを生かしてある
感じで控えめだった。全体的に甘さはほどよくて
どちらかというと大人向けだなと思った。
大きさはかなりボリュームがあり食べごたえが
あった。1個食べると結構お腹に溜まる感じがした。
外側のチョコがしっかりした味だったので、少々
栗の味がチョコに負けていたかなと思った。

予想していたものと全然違ったのでちょっと
びっくりしたが、個人的にはおいしいと思った。
これで値段が安かったらもっとよかったのに…(;^_^A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

季節のTOPPO抹茶のスイーツ(ロッテ)

20060213_1732_000.jpg

 

購入価格198円 2袋入り1袋255kcal

トッポの抹茶のスイーツ味を買って食べてみた。

「抹茶味」ではなく「抹茶スイーツ味」だった。それは
抹茶ケーキに黒蜜をかけたイメージのようだ。春夏だけの
季節限定ということらしい。普通のトッポと同じくサックリした
プレッツェルの中にチョコが入っていてそのチョコが
宇治抹茶を使用した抹茶チョコだった。
味は…抹茶味と言われればそんな気もするが、
紅茶の味の様にも感じた。抹茶の苦味は全く無く
どちらかというと甘かった。黒蜜の味はあまり
感じられなかった。プレッツェルに塩が少々付いていた
様で、ほんの少しだったが塩味がした。
まずくはないけど、抹茶スイーツ味がビミョーな
感じだった。

3年間茶道をやって毎週抹茶を飲んでいたので
抹茶の味はわかっているつもりだったのだが、
最近は本当の抹茶の味を忘れてきている様な気がする。
抹茶味のお菓子の味とちゃんと比較するためにも
抹茶や茶器を買おうかと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月11日 (土)

町田でタイ料理

20060210_1940_000.jpg

 

町田にある「マイペンライ」というタイ料理店で食事をした。

お店に行くとすでに予約客でいっぱいだったので
30分ほどお店の外で待った。待っていると女性店員が
メニューと温かいジャスミンティーを持ってきてくれた。
ジャスミンティーは香りが強かったが味にクセは無く
おいしくいただけて体が温まった。

料理はたくさん種類があった。コース料理も1人3000円位で
あったのだが、食べたい料理がその他にあったので
単品でいろいろ注文した。(☆は辛さレベル)
・トーマンプラー(魚のさつま揚げ)
・ヤムチャオタレー(海の幸のサラダ)☆☆☆
・ルアントン(鶏肉とカシューナッツとクワイの炒め物)☆
・ゲンキョオワン(肉と茄子入りのグリーンカレー)☆☆
と、私がナン・連れがもち米、そして2人それぞれ
タイ風のお茶(←名前は忘れた)を頼んだ。
注文してから出てくるまで5分くらいしかかからなかった。

トーマンプラーはさつま揚げ自体は日本のそれと
似ていたが、タレが辛かった。タレはラー油の様に
少々オイリーでピリ辛だった。その中に細かくみじん切り
にされたピーナツと小さく切られたきゅうりが入っていて
それらが辛さを中和してくれたような感じだった。
ヤムチャオタレーはイカや貝などの魚介類と香草が
入っていてドレッシングは辛く酸っぱかった。
ちょっと香草がきつめだったけど、タイっぽさが
よく出ている料理だと思った。
ルアントンは私がどうしても食べてみたくて注文した。
鶏肉とカシューナッツとクワイとパイナップルが入っていた。
中華料理にも同じ様な素材を使うことがあるが、
タイの香草が入っていたのでぐっとタイ風になっていた。
酸っぱさはあまりなかったがピリ辛でとてもおいしかった。
ゲンキョオワンはお店でも人気メニューの1つだった。
鶏肉と茄子が入っていて香草もふんだんに使われていた。
かなり辛かった。そしてかなり油っぽかった。
連れはもち米と合わせて食べていたが、もち米と合わせると
油っぽさも気にならないくらいになった。辛さの中にも
香草の香りや味がしっかり感じられ、インドカレーとは
また違ったおいしさがあった。私はナンを食べたのだが
ナンはフワッとしていてパンみたいで口当たりが良かった。
そしてタイのお茶を飲んだ。香りが甘く味はさっぱりしていた。
香りはチョコレートの様だと思った。それでいて飲むと
ストレートの紅茶とあまり変わらない感じだった。

全体的に辛くてオイリーだなと思った。カレーはほとんど
具しか食べられなかったが、お腹いっぱいになった。
会計時に女性店員が、私たちがお店の外で30分も
待ったという事でタイの缶ジュースを1本ずつくれた。
料理を作っている人は全員タイ人のようだった。
お店にはタイ語が飛び交い活気があって対応も親切で
料理もおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ハバネロフォカッチャ(モスバーガー)

20060208_1917_000.jpg

 

購入価格380円 430kcal

今さらだがモスバーガーのハバネロフォカッチャを
買って食べてみた。

フォカッチャ中にU字型のソーセージとキャベツがあり
バーベキューソースとハバネロソースがかかっていた。
昨年も食べたが、昨年よりも辛くないという情報を
見かけていたので少々あなどっていた。
1口食べた時はそんなに辛くはなかった。しかし
噛んでいくうちにものすごく辛くなっていった。
顔全体と喉の奥が熱くなった。味はとにかく辛いのだが
その辛さに少し苦味が混ざっているようにも感じた。
ソーセージはパリッとしていておいしいと思った。
バーベキューソースもかかっていたが、ハバネロの
辛さで飛んでしまった。でもおいしかったと思う。
1口か2口ずつ休み休み食べないと完食できない
感じだった。モス特有の食べずらさは相変わらず
だったので、口のまわりにソースが付いて
そこがヒリヒリしてちょっと痛かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

紀子さまご懐妊

秋篠宮妃紀子さまがご懐妊されたそうだ。
今国会で皇室典範の改正をするかもしれないという
このタイミングでのニュースという事もあり、
国民の男子誕生への期待は高まると思う。

このタイミングでの御懐妊という事は、もしかして
秋篠宮さまは皇室典範改正に慎重なお考えなのでは、
などと少し思ってしまった。そして紀子さまに至っては、
前回のご出産から10年のブランクがありまた高齢出産に
なるのにも関わらず皇室存続のためにご決断された
のかもしれないと思うと心中を察するに余りある。

それにしても家を継ぐのは何故男子なのだろうか。
何故嫁が女児しか産まないと姑から嫌味を言われる
のだろうか。そして一人っ子の私は一体どうしたら
いいというのだろうか。つーか兄弟はいても男は
自分1人だけという事も多いし、婿に来るなどという
奇特な男などいるのだろうか?まったく、我が家は
どうなってしまうのだろうか┐(゚~゚)┌

何はともあれ、紀子さまには男女どちらであっても
元気なお子様をご出産していただきたい、と
切に願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショコラ・ジャポン(不二家)

20060207_1821_000.jpg

 

購入価格168円 1箱(11枚入り)334kcal

ショコラ・ジャポンうらら姫を買って食べてみた。
つーか、うらら姫って誰よ?

花びらをイメージした形のミルクチョコの中に
抹茶の餡ショコラが入っていてその下に小さいパイが
付いているものだった。味は抹茶味と言われると
そんな感じもするけど、お茶独特のクセがある味
といった印象を受けた。何かビミョー…(;^_^A
食べている時はお茶の香りが鼻から抜ける感じがした。
食感はチョコ部分はかなりパリッとしていて
パイはサックリしていた。この食感は好きだった。
色や形はなかなかかわいいと思った。

ショコラ・ジャポンの専用サイトによると、
『チョコレートを味わうだけでなく形・色・デザイン
なども含めてチョコレートを楽しむ』という事を
コンセプトにしているそうだ。そして職場などで
みんなで食べる事を想定して個包装にしてある
という事だった。その辺の心意気はとてもいいと思うが、
その分味付けの何ともビミョーな感じが個人的には
少々残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

北海道牛乳のしっとりクッキー(ブルボン)

20060206_1800_000.jpg

 

購入価格168円 8枚入り1枚78kcal

しっとりクッキーを買って食べてみた。

直径6cmくらいの丸くてちょっと大きめで
ずっしりとした感じのしっとりクッキーだった。
食感はかなり歯に抵抗を感じるほどの
しっとり具合だった。味はミルク感が結構あった。
個人的には結構甘く感じたが、それがまた
おいしいと思った。しっとりしているけど
飲み物が無いとちょっと食べずらいかも
しれない。割と大きめなので1枚食べると
かなりお腹にたまる感じがした。カロリーも
それなりにあるので食べすぎには要注意だ。

クッキーはさっくり派という人や甘さ控えめが
好きな人にはあまりおすすめできないが、
個人的には結構好きなお菓子だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

欠陥商品

昨日会社の近くのお店から電話がかかってきた。

店員「先日○○のチョコレートをお買い上げいただいたと
    思うんですけど」
私  「あー、はい」
店員「そのチョコレートなんですけど、製造過程でカビが
    混入する可能性があるという事が判明しまして
    回収させていただく事になったのですが…」
私  「(; ゚Д゚)エッ?」
店員「あ、もう誰かに差し上げてしまいましたか?」
私  「あ、はははい。しかももう食べちゃったみたいで…」
    (本当は自分で食べたがそれは言えなかったorz)
店員「体調に変化はありませんでしたか?」
私  「え、ええ。何ともないと思います」
店員「もしお腹を壊したりしましたら、こちらで治療費などを
    出させていただきますので…」
私  「あ、わかりました。でも多分大丈夫だと思います」
店員「本当にご迷惑おかけしまして申し訳ありませんでした。
    ではそういうことでよろしくお願いいたします」
私  「はい、わざわざありがとうございました。
    失礼いたします」
店員「失礼いたします」

チョコを買う時に私がそのお店のポイントカードを
使用したので、私が件のチョコを購入していた
という事がわかったという事だった。
それにしても自分で食べたとは恥ずかしくて
言えなかったorz電話がかかってきた時点で
食べてから数日経っていたので、結局
問題は無かったのだと思う。何も無くてよかったが、
まさか自分が買ったものにそういう問題があったとは
ちょっとビックリした一件だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

今年の恵方は南南東

20060203_1831_000.jpg

 

今日は節分という事で太巻きを食べた。
「恵方巻き」などともいわれ今やコンビニでも売っている。
元々は関西の風習だったらしいが、ここ数年で関東地方でも
食べるようになった。

恵方を向いて無言で太巻きを1本食べきるといいらしい。
途中でしゃべってしまうと福が逃げてしまうそうだ。
巻き寿司なのは「福を巻きこむ」ためで、包丁を入れない
のは「縁を切らない」ためらしい。いつからあるのかは
よくわからないが、70年前のチラシがあるとTVで見た。

寿司屋の陰謀では…とも思えなくも無いが、親が買って
くるので何となく食べている。しかし肝心の豆まきを
していないし歳の数の大豆も食べていない。
親が今日豆を買ったのか不明だが、もしあったら
今日中に豆まきをしようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

チョコレート貧乏

20060201_1741_000.jpg

 

1月下旬からお店にはバレンタイン用のチョコ売り場が
特設されている。お菓子好きで特にチョコ好きの私には
その売り場にいるだけで幸せな気分になる。
どれもこれもおいしそうでいろいろ買いたくなる。
今日までチョコだけで5000円以上も散財してしまったorz

チョコが入った缶などの容器が欲しくて買ったものが2点、
付属のシャーペンが欲しくて買ったもの1点、どうしても
自分で食べたくて買ったもの3点、プレゼント用にと思い
その前に自分で味を確かめるために買ったもの2点など。
1点の単価がそこそこ高いので確実に5000円以上使っている。

必然的に1日に食べるチョコの量が多くなる。しかし今のところ
体調に変化は無い。肌は吹き出物が出ないどころか、逆に
乾燥肌でカサカサだ。運動は毎日欠かさないし摂取カロリーを
コントロールしているので体重の増量も無い。でも心配なのは
血糖値だ。一応運動をしているので大丈夫だとは思うが
この生活は長くは続けられないな、と思っている。

とりあえず進物用の物は決まったし、食べたいものは
だいたい食べてきたし、お金も無くなってきたので
そろそろチョコを買うのはやめようと思う。

ちなみに、画像は「成城マルメゾン」のプラリネ
チョコレート。購入価格は945円。チョコの中は
やわらかく、全体的に甘さは控えめ。抹茶味
だけは残念な味だったが、キャラメルや
コーヒーヌガーの様な味やヘーゼルナッツ風味豊かな
ものなどがあり個人的には結構おいしいと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

キットカット LE PATISSIER TAKAGI キール仕立て(ネスレコンフェクショナリー)

20060201_1734_000.jpg

 

購入価格525円 1個27kcal

キール仕立てでバレンタイン用のキットカットを
買って食べてみた。

チョコはビターっぽいチョコで甘さは控えめだった。
ウエハースの中の味はキールということだった。
キールは白ワインにカシスのリキュールを加えた
カクテルで食前酒としてよく飲まれるそうだ。
キールの味自体がよくわからなかったのだが、
ブルーベリーの酸味がきいていると思った。
アルコール使用量が0.2%と書いてあったが、
それはあまり感じられなかった。酸味とビターチョコが
よく合っていて個人的にはおいしいと思った。
パッケージはプレゼント仕様で1つ1つが小さくて
少しずつ食べるのにちょうどいいと思った。
普通のキットカットよりビターで大人向けはあるが、
甘いものが苦手な人には微妙かもしれない。

この商品は「ル パティシエタカギ」「ル ショコラティエ
タカギ」のオーナーシェフの高木康政氏のプロデュース
という事らしい。お店のウェブサイトを見たけど、
結構いいお値段でとてもおいしそうだった。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »