« ハバネロフォカッチャ(モスバーガー) | トップページ | 季節のTOPPO抹茶のスイーツ(ロッテ) »

2006年2月11日 (土)

町田でタイ料理

20060210_1940_000.jpg

 

町田にある「マイペンライ」というタイ料理店で食事をした。

お店に行くとすでに予約客でいっぱいだったので
30分ほどお店の外で待った。待っていると女性店員が
メニューと温かいジャスミンティーを持ってきてくれた。
ジャスミンティーは香りが強かったが味にクセは無く
おいしくいただけて体が温まった。

料理はたくさん種類があった。コース料理も1人3000円位で
あったのだが、食べたい料理がその他にあったので
単品でいろいろ注文した。(☆は辛さレベル)
・トーマンプラー(魚のさつま揚げ)
・ヤムチャオタレー(海の幸のサラダ)☆☆☆
・ルアントン(鶏肉とカシューナッツとクワイの炒め物)☆
・ゲンキョオワン(肉と茄子入りのグリーンカレー)☆☆
と、私がナン・連れがもち米、そして2人それぞれ
タイ風のお茶(←名前は忘れた)を頼んだ。
注文してから出てくるまで5分くらいしかかからなかった。

トーマンプラーはさつま揚げ自体は日本のそれと
似ていたが、タレが辛かった。タレはラー油の様に
少々オイリーでピリ辛だった。その中に細かくみじん切り
にされたピーナツと小さく切られたきゅうりが入っていて
それらが辛さを中和してくれたような感じだった。
ヤムチャオタレーはイカや貝などの魚介類と香草が
入っていてドレッシングは辛く酸っぱかった。
ちょっと香草がきつめだったけど、タイっぽさが
よく出ている料理だと思った。
ルアントンは私がどうしても食べてみたくて注文した。
鶏肉とカシューナッツとクワイとパイナップルが入っていた。
中華料理にも同じ様な素材を使うことがあるが、
タイの香草が入っていたのでぐっとタイ風になっていた。
酸っぱさはあまりなかったがピリ辛でとてもおいしかった。
ゲンキョオワンはお店でも人気メニューの1つだった。
鶏肉と茄子が入っていて香草もふんだんに使われていた。
かなり辛かった。そしてかなり油っぽかった。
連れはもち米と合わせて食べていたが、もち米と合わせると
油っぽさも気にならないくらいになった。辛さの中にも
香草の香りや味がしっかり感じられ、インドカレーとは
また違ったおいしさがあった。私はナンを食べたのだが
ナンはフワッとしていてパンみたいで口当たりが良かった。
そしてタイのお茶を飲んだ。香りが甘く味はさっぱりしていた。
香りはチョコレートの様だと思った。それでいて飲むと
ストレートの紅茶とあまり変わらない感じだった。

全体的に辛くてオイリーだなと思った。カレーはほとんど
具しか食べられなかったが、お腹いっぱいになった。
会計時に女性店員が、私たちがお店の外で30分も
待ったという事でタイの缶ジュースを1本ずつくれた。
料理を作っている人は全員タイ人のようだった。
お店にはタイ語が飛び交い活気があって対応も親切で
料理もおいしかった。

|

« ハバネロフォカッチャ(モスバーガー) | トップページ | 季節のTOPPO抹茶のスイーツ(ロッテ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145884/8613698

この記事へのトラックバック一覧です: 町田でタイ料理:

« ハバネロフォカッチャ(モスバーガー) | トップページ | 季節のTOPPO抹茶のスイーツ(ロッテ) »